機能追加

  • Console 画面の計算ログの出力を高速化した。
  • 特定の残基名の分子を脂質分子として認識するようにした(近い将来に、膜タンパク質のモデル機能を実装するため)。
  • Warning Console 画面を新たに設けて、処理中に発生したワーニング文言のリストを常に表示するようにした。リストは各プロジェクト毎に保存されているので、プロジェクトを変えると、Warning Console 画面の内容も切り替わる。