機能追加

  • タンパク質、核酸などの力場に、AMBER ff99SB を追加した。これに伴い、これまで AMBER ff99 がデフォルトだったが、AMBER ff99SB をデフォルトに変更した(Preference – Molecule で変更可能)。
  • [Build Membrane] で、膜貫通タンパク質の自動配置の試行錯誤回数を大きくして、配置の精度を上げた。

バグ修正

  • [Add Hydrogen] で tplgeneX によって大き目なタンパク質が chain 分割された場合に、3D 表示の選択状態がおかしくなるケースがあるバグを修正。
  • Linux版において、[Open Remote mmCIF / PDB] 画面の初期表示が小さくなるケースがある不具合を修正。
  • [Solvate Membrane] 画面の文言修正。